PPCググリエイト 今泉 航太 評判

こんにちは 英世 です

「ついに関東・東海地方でスギ花粉本格化」

ここ2~3年 無視できないニュースになりつつあります
前は全然 なんでも無かったのですが、最近 目はゴロゴロ、鼻はムズムズ
みなさんは大丈夫ですか?
早めの対応策を講じておきましょう (*^^)v

 

今泉航太

≪特定商取引法に基づく表記≫

【商材名】PPCググリエイト

【販売会社】株式会社グレーストレーディング

【販売者】今泉 航太

【URL】https://ppc-gugurieito.com/

今日はこちら
「PPCググリエイト」 の評判をまとめました!

評判

金額がアップした手段らしいですが、思うにアドワーズの広告自体は企業向けのものであり、
個人がこのようにノウハウを買ってまで手を伸ばしてやるといった広告であるとは思えません。
それであるなら、広告を出すのをフェイスブックといったものに出していったほうがいいと
思います。以上の内容といったとこから10800円は高いと思います。

引用:https://yako.tokyo/ppc%E3%82%B0%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%88-%E4%BB%8A%E6%B3%89%E8%88%AA%E5%A4%AA-%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC/

 

また、このPPCググリエイトの本編は、PDFにて”35ページ”とのことです。
これはあまりにも内容が薄いと感じませんか?
もちろんページ数が多ければ良いわけではありませんが、きちんとしたノウハウを解説
するには、
それなりの量は必ず生まれてくると思います。
その点からも、“ノウハウが薄い”そう言われてもこれは仕方のないことかと私は感じます。

引用:http://tnkt09.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

 

「PPCの全般的なノウハウを知りたいんだ」という場合には、少し不親切かなといった感じ
です。
あと、全体的にコンテンツの内容が薄い。Adwords広告に関する知識は深まります
が、
いざ実践するとなると、どうしてもノウハウが不足しているように思いました。

引用:https://takuya1313.info/information/googliate

 

本教材のPPCググリエイトは、「Google PPCアフィリエイト」の商材です。

この教材で学べることは、GoogleAdwordsのPPC審査を、ペナルティを受けずに

通すためのノウハウになります。

PPCアフィリエイトの審査が厳しくなったこともあり、以前より利用人数が少ない

状況で、ライバルの少ない環境で稼いでいくぞといったものです。

PPCとは、「クリック課金型広告」のことで、Google等に広告を出し、クリック

されたら広告費を払う仕組みです。

PPC広告を出すことで、Google等で検索した際、検索結果画面一番上に表示されます。

(SEO関係なし)「広告」と小さく表示されているやつです。

一番上に表示されることにより、露出が増え当然 商品が売れ易くなります。

Google PPCは審査が厳しくなり、広告を出せる市場がそれに伴い縮小しています。

しかし審査を通過できれば、現状はライバルの少ないため、ブルーオーシャンと言え

そうです。ただ、このPPCグクリエイトの教材は全5章+補足でPDF35ページ構成。

販売価格がリーズナブルだとは言え、内容が薄い感じがします。

ページ数が多ければ良いわけではありませんが、きちんとノウハウを説明するには、

それなりのページ数が必要だと思います。

そして、審査に通ったはいいが、具体的に商品をどのように売れば稼げるのか?の

部分が抜けていると思ます。

販売する物が、利益率の低い商品になると広告費がかさんでしまいます。

GoogleAdWordsのPPC審査を通すことが本来の目的ではなく、その後 商品を売って

稼ぐことです。では 具体的にどうやって稼ぐの? といった一番大事な部分が書かれて

いないことから、また他のノウハウを見つける必要がありそうです。

この教材だけでは、PPCで稼ぐための全てのノウハウを学ぶことが出来ないようなので、

注意が必要です。

「具体的にどうやって収益化するのか?」といった一番大事なノウハウが書かれていない

ことから、セールスレターの『売りたい商品を売りまくる』は非常に難しいと予想が出来

ます。ま·そもそも広告を出せる市場も縮小しているなか、いざ稼ごうとしても、市場が

小さいので、「大きな収益自体」がそもそも見込みにくい状況です。

そこにあえてチャレンジしなくても、もっと確実に稼げるのを探したほうが良いと個人的

には思います。

お勧めしません

 

≪免責事項≫
当サイト内で掲載された情報について十分に注意・確認をした上で掲載していますが、コンテンツ等の内容が正確であるか
どうか最新のものであるかどうかは保証していません。
内容によっては情報が古い、もしくは間違っている可能性もあります。
また 当ブログの利用による、何らかのトラブルや不利益等については一切責任を負えないことをご了承ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です