情報発信バイブル 三浦 孝偉 評判

こんにちは 英世 です

「ル・マン24時間で日本車&日本人の初優勝」

TOYOTA GAZOO Racingが悲願の初優勝!

車好きとして非常に嬉しいニュースでした。

ドライバーの一人が、「全員が勝利に向かって心をひとつに」と言っています。

本気で心をひとつにすれば大きな力を生みます。

私達も本気で取組み、自分の望むゴールに向かって前進しましょう(^^♪

三浦孝偉

特定商取引法に基づく表記

 【商材名】情報発信バイブル

 【販売会社】株式会社KOIコミュニケーションズ

 【販売者】三浦 孝偉

 【URL】http://koi-comm.com/bible/

評判

 今日はこちら
 「情報発信バイブル」の評判をまとめました!
 

教材の販売者たちがコピーライティングというスキルを重要視しているのに「コピーライ
ティング不要のメルマガアフィリエイト」
というコンセプトで教材を売り出すのは矛盾して
いると指摘されても仕方がありません

引用:http://affili-netbiz.seesaa.net/article/438820087.html

 

アフィリエイター全員に全ての商品を買って体験してから売れとは言いませんが、だとしても
BUYMAの件だったら、最低限出品方法とか調べて方法を確認してから売れといいたいです。
商品を売ってそのまますべて販売者に任せてしまおう。売れればいいや。という考えが見え透
いているのがかなり嫌です。
この時点でだいぶ私個人としては信用に値しないと思いました。

引用:http://yutsuba.velvet.jp/archives/215

 

 

本案件は「コピーライティング不要のメルマガアフィリエイト」の商材になります。

「情報発信バイブル」は、トップアフィリエイターの小玉歩氏との共同制作による、

メルマガアフィリエイトの教材になります。

セールスレターでは、

情報発信バイブルのノウハウを学べば、コピーライティングを用いなくても、メル

マガで稼ぐ事が可能」

となっていますが、稼げるでしょうか?

ノウハウとしては

Twitter、 YouTube、Facebook、ブログなどのメディアを構築
    ↓
各メディアでリスト集める
    ↓
集めたリストに対し、メールマガジンを利用して、商品成約に繋げる

といった流れになります。

多くのトップアフィリエイターが実践している、メルマガを主体とした情報発信で

稼ぐという王道の手法になります。

その王道的手法に、トップアフィリエイターの小玉歩氏と組んで、「コピーライ

ティングを用いなくてもこのメルマガノウハウで稼げます」って違和感を感じるのは

自分だけでしょうか?

そもそもメルマガ、面白くないと読みませんよね?&読者の心に訴えかける文章/読者の

心を動かす文章を書かないと、商品は買って貰えないと思います。

つまり、スキルは必要ってことです。

素人が集まって、コピーライティング不要と騒いでいるならまだしも、業界TOPの方

不要と言っても、説得力ないです。

小玉歩氏は今まで散々、コピーライティングを用いて、トップアフィリエイターにまで

なっておいて、今更….(”_”)

ここまでは、商材側の問題点ですが、ここから別の視点で見ると、じゃー自分に出来ま

すか?って話(*_*;

自分は無理です。

良くも悪くも経験豊富な、小玉氏、三浦氏なら、メルマガ発行は可能だと思いますが、

自分で何をネタにメルマガ発信 し続けられるのか?

読んで戴き、面白くかつ、読者の心を動かす文章 無理だっペ

(言い訳:努力は勿論するよ けど定期的に配信は無理ですよね 皆さん??)

以上のことより

お勧めしません

 

 

 

最後まで 読んで戴きありがとうございました。

これからも 気になる商材を ズバッといきますので、引き続き宜しくお願い

します。過去にも色々切り散らかしていますので、参考になれば幸いです。

切れ味悪の多数?あり 長い目で見てあげてください。

共に成長していければと思っています。

近い将来の 自分や家族のために! では 本日も さ・ら・に がんばりますか。

英世

 

免責事項

当サイト内で掲載された情報について十分に注意・確認をした上で掲載しています

が、コンテンツ等の内容が正確であるかどうか最新のものであるかどうかは保証し

ていません。内容によっては情報が古い、もしくは間違っている可能性もあります。

また 当ブログの利用による、何らかのトラブルや不利益等については一切責任を

負えないことをご了承ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です