【!!】B Plus Bank 伊藤 洋介 評判

こんにちは 英世 です

本日は無料オファー「 Plus Bank」が 有料化の「B Plus Bank」

になった案件の紹介になります。

ビジネスモデルは今までと全く違うタイプでした。

その様なタイプの銀行があるのね と勉強にはなりましたが、

稼げるのかは別の話。((+_+))

では検証を始めましょう!

伊藤 洋介

伊藤 洋介

特定商取引法に基づく表記

 【商材名】PlusBank特別口座

 【販売会社】株式会社スマートアクセス

 【販売者】安藤 裕訓

 【URL】https://plusbank-official.com/sl/main/

セールスレターでは

・あなたに毎日+1万円
・最先端AIを用いた新時代のお金の増やし方
・普段通りの生活で年間+365万円

と なっています。

ってことは、月間で約30万円! 不労所得でこれだけ稼げれば良い

よね!って金額だと思います。個人的にはね(#^.^#)

で・その ビジネスモデルは何か?

「銀行にお金を預け、金利で稼ぐ」 手法?になります。

とは言っても、日本の普通?の銀行に預けても、金利はたかが知れ

ているので、金利が高いと言われているネオバンクに、お金を預け

るようです。

それが「B Plus Bank」

本当に金利で稼げるのだろうか??

皆さんは「ネオバンク」って聞いたことありますか?

自分は知りませんでした。

ネオバンクとは、銀行の免許を持たない業者が、既存銀行と連携し、

銀行にお金を預けてくれる人に対しての利便性をあげるサービス

(決済や融資など、金融サービスを主にスマートフォンで提供)

を提供している所と なっています。

で・「B Plus Bank」ってどんな銀行か?を、推進委員として活動

している伊藤 洋介氏が、動画で色々と解説してくれています。

①FINMA(スイス金融市場調査局)から金融ライセンス承認を得た
プロジェクト

②世界有数企業4社がプラスバンクに関与

➂24時間365日入出金可能

と 国のお墨付きも貰っているので、安心して使って下さいと

言った趣旨の内容でしたので、引き続き下記検証しました。

まず①のFINMAからの金融ライセンス発行済 ですが、この言葉

だけ聞きますと「すげー」銀行と思われると思いますが、

B Plus Bankが、FINMAからの金融ライセンスを発行できたという

情報は、ネット上を検索した所 無く、ライセンス番号や、証書の

ような証拠となるようなものは、一切ありませんでした。

ちなみにFINMAとは、日本語で「スイス連邦金融市場監督機構」、

「スイス金融市場調査局」とも呼ばれ、スイスの金融の規制や監督

を担う連邦機関(金融当局)をいいます。

次に②の世界有数企業4社についてですが、結局最後まで動画を

チェックしても、どこの企業か判りませんでした。

世界の大手企業が加わる位の巨大プロジェクトなら、企業名を紹介

した方が、「この企業が関わっているから信用できる!」と

なりますが、なぜそうしないのでしょうか?

信用して貰うのに当たって企業名を隠すメリットはありません。

公開できない事情があるとしか思えません。

①も②もB Plus Bankを信用させるために使用していると思われ

ますが、嘘や誇大広告な気がします。

◆特商法は?

特定商取引法とは、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。

消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象(訪問販売や通信販売等)

に、事業者が守るべきルールと、消費者を守るルール(クーリング・

オフ等)を定めています。

今回の販売会社は、「株式会社スマートアクセス」という会社に

なりますが、初めての販売会社になります。

どの様な会社なのかと、HPを確認しましたが、ありませんでした。

どういった会社なのか、一切不明なので、提供元として信用できる

のか?

あと気になったのが、個人情報の取り扱いについて。

第三者への提供等 記載すべきだと思います。

ここが明確になっていない内容は信用できません。

今後、営業電話や迷惑メールが来る可能性も考えられますので( 一一)

◆で・稼げるの?

稼げません

お勧めできません

■オファーページに多々ある 誇大広告

1日1万円!5万円預けるだけ は非現実的

FINMAからの金融ライセンス発行済や、世界有数企業4社がプラス

バンクに関与等国から認められていることを、アピールしています

が、NETで検索すると認められた類の情報は一切ありません。

国から認められる位であれば、もっと有名になっていても良いはず

です。

これがビジネスとして本当に成り立つのであれば、利益が出た話

NET上で話題になると思いますが、そのような情報も一切あり

ません。

ある情報はどこも怪しいと・・・・・・・

それは正直どういう銀行なのか?といった基本的な情報が欠けて

いる為、怪しい部分がある&海外の銀行の場合、何かあった場合、

日本の法律は適用できない為、かなり危険なのでは?ってことも

あると思います。

それに人件費を抑えているからといった、ネオバンクのメリット

を十分理解したうえでも、「B Plus Bank」の金利がかなり大きい

為、怪しい話に感じます。

本当なら、素晴らしいビジネスだと思いますが、毎月30万円配る

銀行がどこにあるのでしょうか?

信憑性のある実績も一切なく、不透明な部分がある以上は利用しな

ようにしましょう。

 

 

最後まで 読んで頂きありがとうございました。

これからも 気になる商材を チェック!していきますので、引き続き

宜しくお願いします。

過去にも色々書き散らかしていますので、参考になれば幸いです。

切れ味悪の多数?あり 長い目で見てあげてください(#^.^#)

ここが情報共有の場になり、共に成長していければと思っています。

近い将来の 家族や自分のために!

では 本日も さ・ら・に がんばりましょう♪

英世

 

免責事項

当サイト内で掲載された情報について十分に注意・確認をした上で

掲載していますが、コンテンツ等の内容が正確であるかどうか最新

のものであるかどうかは保証していません。内容によっては情報が

古い、もしくは間違っている可能性もあります。

また 当ブログの利用による、何らかのトラブルや不利益等について

は一切責任を負えないことをご了承ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です